予算5万円でサウナを自作する実験

売上とは、マーケットから一定の支持を得た結果です。マーケットが小さければ、それなりに売上も小さくなります。

温浴施設をつくるのに一定の設備投資が必要とすれば、それを投資回収するためには相応の売上が必要ということになり、それを必要商圏人口という考え方で表します。

一般的に民間事業としての温浴施設は、数億円の設備投資に対して数万人以上の商圏人口が必要とされています。

比較的投資額の小さい銭湯業態であっても1万人程度の商圏人口は存在しないと、事業成立は厳しいでしょう。

「投下資本回収」という考え方が当てはまらない公共温浴施設であっても、日々の利用者が少なすぎては施設の存在意義が問われますので、やはりそれなりの人口集積が前提となっています。

前置きが長くなりましたが、人口密度の高い日本においても、地方には人口数十人から数百人の集落がたくさん存在しています。

こういった地域では、いずれの温浴業態も成立できないということになり、そこに住む人たちは時間をかけて遠方まで車で行かない限り、家庭風呂以上の温浴を楽しむことはできないのが現状です。

「それなら、事業ということを離れて超低投資で温浴を楽しむ方法はないのだろうか?」

これも、弊社がずっと抱えている課題のひとつなのです。

2011年の震災直後に取り組んだドラム缶風呂も超低投資温浴の一種ですが、「温浴を楽しむ」という意味ではいろいろと難点があるのは否めません。

ヒントとして、以前からテントサウナに注目していました。

テントサウナは、フィンランドでは屋外用サウナとしてなじみ深く、開放感やリラックス度も高いため、サウナパーティー用にも利用されるなど、一般的に普及しているそうです。

以前サウナメーカーのメトスさんが所有するテントサウナを体験させてもらったことがあります。tentsauna

テントの布地には特殊な不燃膜を使い、その中に特別仕様のikiサウナストーブを置いており、ロウリュも楽しめるという超本格版でしたが、コンパクトな設備で複数の人が一緒に温浴を楽しめるという点では、「事業ということを離れて、超低投資で温浴を楽しむ方法」に合致していると思います。

 先日、峩々温泉の竹内社長から連絡があり、昨年震災の入浴支援で行った石巻市小竹浜のみなさんを元気づけるイベントをまた一緒にやりませんか?」と誘われた時、すぐに思い浮かんだのはこのテントサウナでした。

地震と津波で被災した小竹浜の人口は現在82人。マーケット云々は意味がありませんので、「事業ではなく、超低投資で温浴を楽しむ。」これが実現できるかどうかです。

早速メトスさんに問い合わせてみたところ、「現在、他の場所で使用中」ということで、残念ながら超本格版テントサウナをお借りすることはできませんでした。weep

そこで、「それならドラム缶風呂同様に自作してしまおう!」ということになり、テントサウナの自作にチャレンジすることになったのです。

ざっくりとした設備のイメージを元に費用を試算してみたところ、もしかすると格安でもできるかも?ということで、まずは主要なテントやストーブなどをamazonから購入しました。

ぶっつけ本番ですべてがうまく行くほど世の中甘くはないのは、ドラム缶風呂の時も思い知らされているのですが、あまり時間もないので、またもやぶっつけ本番で作ることになりそうです…。coldsweats01

小竹浜のイベントは9月26日~27日。

まだ10日ほどありますが、それまで他のスケジュールがほとんど埋まっているので、この続きは現地レポートになるかも知れません。(続く)

● ● ●

予算5万円でサウナを自作する実験(2) 構想&準備編

予算5万円でサウナを自作する実験(3) 制作編

予算5万円でサウナを自作する実験(4) 現地設営編

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  「日本全国ロウリュ事典」では、現在確認されているロウリュサービス実施店舗のリストを掲載しておりますが、この度GoogleMapの機能を使って、地図上にロウリュ実施店舗の分布状況をプロットしてみました。(※日本だけですよ。) ...

  • 今回は、株式会社アクトパスの経営セミナー開催のお知らせです。 ↓詳細はこちらにアクセス! https://goo.gl/FNfNt5 いま、サービス業全体が人手不足に悩まされており、運輸や建設、小売、飲食、介護など様々な業種間...

  •  ヤマトホールディングスが2017年度に1万人規模の人材を新規採用するとのニュースがあったかと思えば、ファミリーマートは2年間で10万人の主婦を採用する目標を掲げたそうです。 ヤマトは「従業員1人当たりの負担を和らげ働きやすい...

Wednesday the 22nd. Joomla 2.5 templates.