デトックス (detox)

読み方:でとっくす

すでに一般用語となったデトックス (detox)。これは、体内に溜まった毒素を積極的に排出させることにより美容や健康の改善に役立つという考え方。
この呼び名は、【detoxification】(取り除く・解毒)の短縮形です。
薬やサプリメントを摂る(足す)のではなく、健康を阻害している体内の要因を取り除く(引く)という概念が注目されています。
温浴施設には「発汗」という、非常にわかりやすいデトックス要素が備わっていますが、他にも売店、飲食、トリートメント部門などでもデトックスというテーマを追求することは可能です。
例えば、風呂上がりに牛乳などの水分を摂るという習慣は以前からありましたが、「積極的に汗をかくために水分補給しましょう」ということで、サウナや岩盤浴を利用する前にミネラルウォーターやデトックス効果のあるドリンクを提供する、といったことです。
デトックスという概念が普及したことで、新たなビジネスチャンスが生まれているのです。
ただし、一時期「足をしばらく浸けていると見る見る毒素が排出され、水がドロドロの茶色に」という怪しげな機械が流行りましたが、インチキビジネスもデトックスブームに目を付けていますので、何を取り入れるかは慎重な見極めが必要です。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

  •   メルマガ320号「温浴と深部体温(2)」の文末に、「浴室を見ると、変えるべき点が見つかる」と書きました。 深部体温アップのための入浴法は、「ぬるめから徐々に熱さに慣らしながら、60分以上長湯すること」です。では、それを実現...

  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

Monday the 1st. Joomla 2.5 templates.