スパ【Spa】

読み方:すぱ

ここ数年で「スパ」という言葉を頻繁に目にするようになりました。雑誌SPA & TREATMENT(スパ&トリートメント/飛鳥出版)が発刊され、日本スパ振興協会等の業界団体が立ち上がるなど、スパという言葉をとりまく活発なマーケットの動きを感じさせます。
スパというのはもちろん外来語ですが、英和辞書を引くと、
【spa】[名] 
1 鉱泉(地);温泉(地). 
2 ((米))(温泉地の)ホテル. 
3 ((米))バブルジェットバス(spa bath). 
(鉱泉で有名なベルギーの地名から)
といった説明が出ています。
英文の中にspaという言葉が登場した時は上記のような解釈を当てはめればよいのですが、日本語の中で「温泉」とか「温浴施設」ではなく、あえて「スパ」という言葉が使われている時は注意が必要です。
広義の「温泉・温泉地」や「温浴施設」という意味以外では、トリートメントサービス(マッサージやエステなどの施術)を主体とした施設に限定して使われている場合や、ホテルに付帯する温浴設備に限定して使われている場合、水を使った癒しのサービス全般を指す場合など、いろいろあるようです。
語源について調べてみると、ワロン語の「エスパ(泉)」、ラテン語の「Sanitas Per Aquas」の頭文字“S・P・A”だ、という説などがあります。 「Sanitas Per Aquas」という言葉は、ローマ皇帝ネロがローマ市内の噴水の前を通りかかったとき、「健康は水からくる」と叫んだという逸話からきたということです。
ベルギーの南東部に、その名もスパ(Spa)という温泉地があります。温泉だからスパという地名になったのではなく、実はこの地名の方が語源になって、英語の「温泉」という単語ができたという話もあります。
いずれにしても、消費者からすると「温浴施設」や「公衆浴場」といった言葉は専門用語的で使いにくいですし、「銭湯」「スーパー銭湯」「健康ランド」「日帰り温泉」といった特定の業態を指す言葉は、その定義を正確に使い分けるのが難しいと思います。
「スパ」という言葉はシンプルで響きが良いですし、今後あまり難しい定義にとらわれることなく温浴サービス全般を指す言葉として定着していけば良いと願っています。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

  •   メルマガ320号「温浴と深部体温(2)」の文末に、「浴室を見ると、変えるべき点が見つかる」と書きました。 深部体温アップのための入浴法は、「ぬるめから徐々に熱さに慣らしながら、60分以上長湯すること」です。では、それを実現...

  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

Monday the 1st. Joomla 2.5 templates.