残留塩素・結合塩素

読み方:ざんりゅうえんそ・けつごうえんそ

浴槽水の塩素管理は、遊離残留塩素濃度を通常0.2mg/L~0.4mg/Lに保つことが必要ですが、お湯が汚れていると、遊離残留塩素がアンモニアetcの汚れ成分とくっつき、結合塩素になってしまいます。
結合塩素になると消毒力が弱くなり、安全衛生上問題があります。また、目や肌への刺激や塩素臭が強くなります。
よく「塩素くさい」というクレームが発生しますが、これは残留塩素濃度が高いからではなく、結合塩素の仕業なのです。
そして残留塩素濃度を測定すると基準値になっていないので、さらに塩素を投入する・・・という悪循環になります。
この悪循環を断つには、お湯をきれいにするしかありません。
しかし、補給水量を増やしたり、換水頻度や配管洗浄頻度を上げるのは、そのままコストに跳ね返ってしまうのが悩ましいところです。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

  • 先日書いた尿温度測定による深部体温アップ実験の続きです。 今回の実験テーマは、半身浴による長湯でどこまで深部体温を上げられるか。 さっそく、例によって入浴前に半分だけ出した尿温度を測定。今日は36.6度でした。平...

  •  先日社内で、体温を上げると免疫力がアップし、40度くらい(温度には諸説あり)になるとガン細胞も死滅するということが話題になりました。 しかし、そうだとしたら日本人には熱い風呂に入る習慣があるのに、どうして世の中からガンがなく...

Tuesday the 28th. Joomla 2.5 templates.