残留塩素・結合塩素

読み方:ざんりゅうえんそ・けつごうえんそ

浴槽水の塩素管理は、遊離残留塩素濃度を通常0.2mg/L~0.4mg/Lに保つことが必要ですが、お湯が汚れていると、遊離残留塩素がアンモニアetcの汚れ成分とくっつき、結合塩素になってしまいます。
結合塩素になると消毒力が弱くなり、安全衛生上問題があります。また、目や肌への刺激や塩素臭が強くなります。
よく「塩素くさい」というクレームが発生しますが、これは残留塩素濃度が高いからではなく、結合塩素の仕業なのです。
そして残留塩素濃度を測定すると基準値になっていないので、さらに塩素を投入する・・・という悪循環になります。
この悪循環を断つには、お湯をきれいにするしかありません。
しかし、補給水量を増やしたり、換水頻度や配管洗浄頻度を上げるのは、そのままコストに跳ね返ってしまうのが悩ましいところです。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

  •   メルマガ320号「温浴と深部体温(2)」の文末に、「浴室を見ると、変えるべき点が見つかる」と書きました。 深部体温アップのための入浴法は、「ぬるめから徐々に熱さに慣らしながら、60分以上長湯すること」です。では、それを実現...

  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

Monday the 1st. Joomla 2.5 templates.