建築コスト

読み方:けんちくこすと

温浴ビジネスは様々な商業施設の中でも、初期投資が大きいという特性があります。
通常の商業施設と違って特殊設備を伴うため、坪あたり建築コストが百万円を超えることも珍しくありません。
競合激化に対抗するために、施設計画のトレンドはより多彩な設備、より高品質な環境、そして大型化へとシフトしていますので、建築コストはますます増大する一方のようです。
差別化は大切ですが、一方でイニシャルコストを抑制するノウハウを駆使しないと、初期投資がどんどん膨らんでしまい、投資回収が長期化、あるいは回収困難な状況にもなりかねません。
これから施設の建設やリニューアル投資をお考えであれば、ローコスト開発に関するノウハウを、ぜひ知っておいてください。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  • 今回は、株式会社アクトパスの経営セミナー開催のお知らせです。 ↓詳細はこちらにアクセス! https://goo.gl/FNfNt5 いま、サービス業全体が人手不足に悩まされており、運輸や建設、小売、飲食、介護など様々な業種間...

  •  ヤマトホールディングスが2017年度に1万人規模の人材を新規採用するとのニュースがあったかと思えば、ファミリーマートは2年間で10万人の主婦を採用する目標を掲げたそうです。 ヤマトは「従業員1人当たりの負担を和らげ働きやすい...

  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

Wednesday the 23rd. Joomla 2.5 templates.