温浴

読み方:おんよく

このサイトでも頻繁に使っている「温浴」という言葉ですが、実はまだあまり一般的な言葉ではありません。
辞書を引くと、
おん‐よく〔ヲン‐〕【温浴】 [名](スル)湯に入ること。(大辞泉)
と書いてあります。(辞書に載ってて良かった。)
辞書には「湯」という文字が書いてありますが、実際には湯を使わないサウナや砂浴、岩盤浴等も温浴の範疇と考えられていますので、「身体を温めることで癒しや健康の効果を得ようとすることを「温浴」と呼ぶ。」と理解すれば良いのではないでしょうか。
「温熱療法」という言葉もあります。これも辞書を引くと、
おんねつ‐りょうほう〔ヲンネツレウハフ〕【温熱療法】 全身または患部をあたためることにより、新陳代謝を促進して老廃物を除去し、血液やリンパの流れをよくする治療法。温浴・蒸気浴・砂浴・罨法(あんぽう)など。(大辞泉)
とあります。温浴施設は必ずしも治療のみを目的とせず、リラクゼーション、リフレッシュ、デトックスといった目的でも利用されていますので、「温浴」という言葉の方が「温熱療法」よりもさらに広い意味で使われているという理解の仕方もあるでしょう。
「熱によって身体を温める」ということは、血液やリンパの流れを促進し、冷えやこわばりを改善する作用があります。これによって疲労を回復させたり免疫力が向上するといった効果があることは古来から知られており、現代医学でもがん細胞に対する温熱療法をはじめとしてさまざまな形で応用されている基本的な健康法なのです。
弊社では、この「温浴」という概念を軸に、癒しや健康に関わるさまざまな研究開発を行い、サービスや技術、商品を提供しています。
「温浴事業の発展が人類の平均寿命を延ばす!」と信じつつ。。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

  • 先日書いた尿温度測定による深部体温アップ実験の続きです。 今回の実験テーマは、半身浴による長湯でどこまで深部体温を上げられるか。 さっそく、例によって入浴前に半分だけ出した尿温度を測定。今日は36.6度でした。平...

  •  先日社内で、体温を上げると免疫力がアップし、40度くらい(温度には諸説あり)になるとガン細胞も死滅するということが話題になりました。 しかし、そうだとしたら日本人には熱い風呂に入る習慣があるのに、どうして世の中からガンがなく...

Tuesday the 28th. Joomla 2.5 templates.