ABC分析

読み方:えーびーしーぶんせき

ABC分析とは在庫管理の手法として一般的なもので、物販であれば品揃え、飲食ならメニューの管理に使います。
たとえば飲食の場合、メニューごとの1か月の売上を算出し、総売上に占める割合(売上構成比)の高い順に並べ売上構成比の累計が75%になるまでのメニュー群をA、75~95%までをB、残り5%をCグループとくくります。
業態にもよりますが、通常売上の7~8割を構成するAグループは総メニュー数の2割程度のメニューで構成されているのが一般的ではないかと思います。
人気の高い売れ筋商品はもっと伸ばすための販促強化やアイテム分割などの工夫をし、不人気なCグループはメニュー変更の際に入れ替えを検討、といった具合にそれぞれ方針を変えて管理します。
注意したいのは、売上のABC分析だけだと単価の違いによって顧客の支持を見誤る可能性があることです。多くのお客様に支持されている主力商品なのに、低単価であるために扱いを軽くしてしまったり、逆に一部のお客様にしか利用されていないのに、高単価で売上が大きいために重視しすぎたり、といったことがあります。
売上だけでなく、販売個数や粗利でのABC分析もして、総合的に判断することが大切です。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  • 今回は、株式会社アクトパスの経営セミナー開催のお知らせです。 ↓詳細はこちらにアクセス! https://goo.gl/FNfNt5 いま、サービス業全体が人手不足に悩まされており、運輸や建設、小売、飲食、介護など様々な業種間...

  •  ヤマトホールディングスが2017年度に1万人規模の人材を新規採用するとのニュースがあったかと思えば、ファミリーマートは2年間で10万人の主婦を採用する目標を掲げたそうです。 ヤマトは「従業員1人当たりの負担を和らげ働きやすい...

  •  以前都道府県別の公衆浴場数と人口を比較して、10万人あたり公衆浴場数を算出したことがあったのですが、ふと思い立って久しぶりに最新の統計数値を使って再計算してみました。 ついでに銭湯とその他公衆浴場(温浴施設)に分けて、都道府県別ランキング...

Wednesday the 23rd. Joomla 2.5 templates.