1:2:3の法則

読み方:いちたいにたいさんのほうそく

「1:2:3の法則」とは、一般的な温浴施設の集客波動のパターンをルール化したものです。
簡単に言うと、平日の集客数を1とすると、休日はその2倍、GWやお正月などの超繁忙期にはその3倍の集客をする日がある、ということです。
もちろん観光地や都心部の駅前など、特殊な立地にはそれぞれの集客要因による波動がありますので、どこでもその通りになるわけではありませんが、住宅地周辺や郊外などで自力で集客する場合は大抵当てはまるようです。
基本的なルールですが、それだけに重要なことでもあります。

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  日々執筆中の「日刊アクトパスNEWS」ですが、1年間に300タイトル以上の記事となります。 2016年分の記事を文字数にすると22万字。普通の書籍軽く2冊分以上です。 これを編集して、印刷製本しようかと思ったのですが、A4サイズにしても2...

  • 先日書いた尿温度測定による深部体温アップ実験の続きです。 今回の実験テーマは、半身浴による長湯でどこまで深部体温を上げられるか。 さっそく、例によって入浴前に半分だけ出した尿温度を測定。今日は36.6度でした。平...

  •  先日社内で、体温を上げると免疫力がアップし、40度くらい(温度には諸説あり)になるとガン細胞も死滅するということが話題になりました。 しかし、そうだとしたら日本人には熱い風呂に入る習慣があるのに、どうして世の中からガンがなく...

Tuesday the 28th. Joomla 2.5 templates.