温泉の純化

DSCF0047

■温泉とは何なのか?

 先日おふろ学校で講演をさせていただいた際に、これからの温浴を考える上でのキーワードとして、「サウナの進化」という言葉と並べて「温泉の純化」という言葉を初めて使いました。

 温浴施設の新規開発や事業再生のコンサルティングという仕事をしながら、これまで何本もの源泉の掘削に携わったり、また数えきれないくらいたくさんの温泉に入浴してきましたが、実を申し上げますと「温泉とは何なのか?」という基本的なことについてずっと釈然としない思いを抱えていました。

昭和23年に制定された温泉法には、温度が摂氏25度以上か、成分が一定基準以上含まれていれば「天然温泉」である、という定義があります。

それはボイラーで加温したり、入浴剤を入れた水道水と何が違うのでしょうか?温度や成分によって温泉という判定なら、それが天然由来か人の手が加わっているかには結果的に大差ないのではないかと思えるのです。

よく温泉の評価として、成分分析表の数値を見て「○○がたくさん含まれているからスゴイ温泉」といったことを言いますが、そんなに成分が濃い温泉がありがたいなら、食塩でも重曹でも好きなだけ入れたらいい、と思ってしまうのです。ひねくれているかも知れませんが、成分分析表の数値は温泉の価値をそのまま表してはいないような気がします。

温泉の価値を否定しているのではありません。鮮度の良い素晴らしい温泉に入浴した時に感じる全身の細胞が喜ぶような感覚や、身体に活力が蘇る感覚は実感としてよく理解しているつもりです。

その実感と、○○の成分が何mg、とかpHがいくつ、といった数値にはどうしても関連性が希薄なように思えてならないのです。

 古くから湯治で疲れや傷病を癒すという習慣を持っていた日本人には、「温泉入浴」に対するあこがれや信奉があります。

掘削技術の進歩によって、市街地でも温泉を湧出させることができるようになり、「天然温泉」の看板を掲げることで温浴施設がたくさんの入浴客を集めてきたのは事実です。近年の温浴ブームを後押しした大きな要因が「あこがれの天然温泉が近くにあって気軽に行ける」ということであったと言ってもよいでしょう。

しかし、天然温泉と呼ぶ根拠が上記のように「温度か、成分か」でしかなかったこともあって、濾過循環と塩素殺菌で同じお湯を何日も使い続ける技術が普及しました。このことが温浴施設の行き過ぎた儲け主義であるかのように批判されることがありますが、そこにはちょっと誤解があります。

人が入浴すれば湯が汚れます。

温泉にたくさんの人を入浴させるためには、汚れがひどくならないように常時新しいお湯を投入しなければなりませんが、一日に数百人から時には千人を超えるような客数が入浴する温浴施設でお湯の衛生状態を保つためには、大変な量の新湯を投入する必要があります。

それだけの湧出量を持つ源泉は限られていますし、源泉能力はあったとしても地域によっては汲み上げ量の規制があったり、排水に対する規制もあります。

また仮に充分な湧出量があったとしても源泉の温度が低ければ昇温にエネルギーが必要となり、せっかく燃料を使って温めたそのお湯をどんどん捨てることになってランニングコストがかかります。さらに新湯投入分だけ排水するとなると、下水道にも莫大なランニングコストがかかってしまうことがあります。

また、一般的に浴槽水の衛生状態を測定する方法として残留塩素濃度が用いられるため、源泉かけ流しであっても残留塩素濃度を規定値に保たなければならないという指導を受けることが少なくないのです。

このように公衆浴場が天然温泉を提供するにあたっては、個別の源泉の湧出量や湧出温度、排水環境、管轄する行政の方針にも左右されますが、一般論として、経営あるいは安全衛生、そして法令遵守の立場からは濾過循環・加温・塩素消毒を避けるのは非常に難しいことなのです。

誠実に真剣に温泉施設経営に取り組んでいる筈なのに、「儲け主義だから同じお湯を使い回し」とか、「湯づかいが分かってない」とか批判されてしまうのは悲しいことです。

しかし、温泉愛好家が温泉の鮮度を重視し、濾過循環・加温・加水・塩素消毒を否定したい気持ちも実感としてよく分かります。

温泉にまつわるストレスが生じている原因は温泉事業者や温泉愛好家にあるのではなく、温泉法の定義あるいは「温泉とは何なのか?」というこれまでの認識そのものにあるように思えてならないのです。

 最近、温泉入浴を勧めるマスコミ記事を読んでいたところ、温泉浴によって得られる大きな作用として「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」の3つが挙げられていました。よく考えてみると、これらの作用は必ずしも温泉水でなければ得られないものではなく、沸かした井戸水でも水道水でも同様の作用は得られる筈です。

転地効果や薬理効果も含めた複雑な相乗効果、という説もありますが、それも前回述べたように必ずしも天然温泉でなければならない理由とまでは言えません。

このように「温泉とは何なのか?」という本質的な疑問に対して合理的な説明ができていないというのが実際のところであり、それゆえに、世界に誇れるはずの日本の温泉文化がおかしな方向へ迷い込んでしまっているのではないでしょうか。

「温泉とは何なのか?」という素朴な疑問に対して、いろいろな角度から考えてみたいと思います。

■温泉と酸化還元電位

 温泉の性質を測る指標として、酸化還元電位(ORP)を重視する考え方があります。パキスタンの長寿の村「フンザの水」をはじめ、世界中で名水と呼ばれる水に酸化還元電位の低い事例が多く見られることから、酸化還元電位が低い(還元力が高い)水が良い水であるということです。

実際温泉水の酸化還元電位を測定すると、同じ源泉でも濾過循環、塩素殺菌した温泉水は酸化還元電位が高くなってしまいます。

しかし、観賞魚の水質管理を見れば分かるように、酸化還元電位が低ければ低いほど人間の身体にとって良い水というほど単純なものでもないようです。人為的に酸化還元電位を下げる方法もいくつもあります。

成分やpHと同じことで、今のところ酸化還元電位もその水の性質を示すひとつの指標として捉えた方が良さそうです。

■源泉かけ流しの希少性

 最近の温浴施設では小さな浴槽ひとつだけを源泉かけ流しとして、あとは濾過循環浴槽とする方法をよく見かけるようになりました。

例えば3人~4人が肩を寄せ合って入るような2m×2mの小さな浴槽があったとしましょう。水深60cmなら、2.4tの湯量です。

この浴槽に1日何百人も入浴するとしたら、濾過循環浴槽の場合は、保健所の指導に従い2.4tの湯量が1時間に2ターン以上循環するように濾過機を運転します。

源泉かけ流しの場合は「1時間に2ターン」といった明確な基準はありませんが、もし源泉かけ流し浴槽で濾過循環と同等の水準で浴槽の汚れを排出しようとしたら、新しい湯を2.4t×2=4.8t投入するということになり、毎分に換算すると80リットルとなります。

ひとつの源泉の湧出量は毎分数十リットルから数万リットルまで様々ですが、普通の水道の蛇口を全開にして毎分20リットルくらいですから、毎分80リットルという湯量は蛇口4つを全開にして注ぐということになり、馬鹿にならない量です。

もしこの状態で毎日14時間営業すると、この源泉かけ流し浴槽ひとつだけで月間の排水量は2000tを越えます。下水道料金の考え方は地域によって様々ですが、仮にこの排水をまるごと下水道に排水し、1立米あたり400円の下水道料金なら2000t×400円=月間80万円となります。

男女浴室それぞれに同じサイズの源泉かけ流し浴槽をつくればその下水道料金だけで月間160万円ということです。そして、ここには温泉の加温に必要なエネルギーコストは含まれておりませんので、もし源泉温度が低ければ燃料代も加味しなければなりません。

もちろん、入浴者数が少なければこのように膨大な量の新湯を投入しなくても衛生的には問題ありません。しかし、入浴者数が少ない=売上が少ない状態しか望めないとしたら、誰が大きな投資をして温泉を掘削したり、温浴施設を建築したりするでしょうか。

ちょっと乱暴な計算だったかも知れませんが、たくさんの人が入浴する以上は、天然温泉を源泉かけ流しにする難しさをざっくりイメージしていただけるのではないでしょうか。

市街地で大深度の温泉掘削をして、大浴場を作る。それには億単位の費用がかかります。事業として「あこがれの天然温泉が近くで気軽に」ということを成立させるためには一定以上の事業規模=集客をすることが前提となりますので、たくさんの人が入浴することになります。

たくさんの入浴客に対してよほど源泉の湧出量や温度、そして排水環境に恵まれない限り、大きな浴槽は濾過循環消毒せざるを得ないし、小さい浴槽だけを源泉かけ流しにするとしてもその安全衛生状態を理想的に保つのは容易なことではないのです。

入浴者数に見合った量の新鮮な源泉が投入され、そしてそのまま排水している本物の源泉かけ流しは大変貴重な存在であり、それは本来簡単には手に入りません。山奥の秘湯まで出向くか、市街地であれば奇跡的に条件が揃わない限り、新鮮なお湯で満たされた良質の源泉かけ流しを楽しむことはなかなか難しいのです。


 「純化」という言葉で辞書を引くと、
1.まじりけを除いて純粋にすること。また、邪心などをなくすこと。醇化。「不純物を除いて成分を―する」「精神を―する」

2.複雑なものを単純にすること。単純化。

とあります。

私が温泉に対してこの言葉を使ったのは、温泉もそろそろ次の時代に入りつつあると感じているからです。

■温浴技術は発展途上

 新鮮な野菜としなびた野菜の違いは食べてみればすぐにわかります。都会のスーパーで売られている見た目キレイだけど弱々しい野菜と、田舎の道端で売られている元気な野菜もぜんぜん別物です。

昔は流通が発達していなかったし、農業生産技術も素朴なものでしたので、地元で獲れた元気な野菜を当たり前に食べることができたのに、今はそうではなくなってしまいました。

そうなってはじめて、産直や朝獲れ、有機無農薬の価値に気付く。

それと同じように、同じ温泉でも良い状態と悪い状態は明らかに違っているし、そのことに気付く消費者が増えてきているのです。

日本で水道水を塩素殺菌するようになって約1世紀。そして1950年代に大型温浴施設が登場していることから、浴槽水の濾過循環や薬剤による殺菌の技術はこの半世紀くらいの間に普及してきたものと考えられます。まだまだ発展途上の未熟な技術でしかありません。

今普及している技術を前提に「温泉入浴とはこういうもの」と考えるのではなく、いかにして最高の状態の温泉を提供するかということに対して、温浴事業に携わる人間がもっと知恵を絞らなければならないと思っています。


■ふたたび、温泉とは何なのか?

 このシリーズで私が温泉の成分からpH、酸化還元電位などの指標や源泉かけ流しにまで疑問を投げかけているかのような文章を書いたことで「望月さんは温泉好きじゃなかったの?」と違和感を感じた方もいらっしゃるかも知れません。

私が言いたかったのは温泉を否定することではなく、「温泉の価値とは、湧出量や温度、成分分析表、かけ流しかどうかといったことだけで判断できるものではないのではないか。」ということなのです。

人間の科学力はまだまだ発展途上ですし、私たちが常識と思っていることは非常に偏った狭いものでしかありません。非科学的、トンデモ、オカルトといった扱いを受けながらも一部の人に真剣に研究されている分野がたくさんあり、その中には温泉の力と密接に関係があるのではないかと思われるものがあります。

今私たちの目に見えているもの、知識で理解できるものがすべてではないと言う事に対して、もう少し謙虚にならなければいけないと思うのです。

 さらに言うと、例えば人の価値は足の長さや学校の偏差値だけで判断することはできません。

それと同じように、源泉はひとつひとつが異なる個性を持ってますから、湧出地の周辺環境も含めて、単純な判断基準で優劣を決めることはでませんし、同じ扱い(施設計画や設備設計)をできるはずがありません。その温泉がもっとも良い状態で最大限に魅力を発揮していることこそが大切だと思うのです。

せっかくの地球の恵みを活かそうという発想に乏しく、何の工夫もなしに加水や濾過循環、塩素殺菌で台無しにしてしまうのはいけませんが、かといって源泉かけ流しという信仰に振り回されて安全衛生を損なうようなことがあっても本末転倒です。

温泉とは、源泉ひとつひとつが素晴らしい個性をもっている地球の恵みであり、その個性と真摯に向き合えば素晴らしい価値を発揮するものなのです。

■もっとも良い状態の温泉とは

 言うまでもなく、温泉は湧きたてをできるだけ新鮮な状態で、手を加えずに提供することが理想でしょう。

そのためには通りいっぺんの浴室プランや設備設計でいい筈はありません。湯量や温度、泉質を前提に、客数予測や投資採算性も考慮した上で最適な提供方法が検討されなければなりません。

 以前、宮城県の峩々温泉にヒントをもらい、大分県の長湯温泉で「底入れ底出し方式」という給排水設備を提案したことがあります。

一般的に吐水口が浴槽水面よりも上にあってジャバジャバと給湯する方法は見栄えは良いのですが、大切な成分の酸化が進んでしまったり、炭酸が振動によってどんどんお湯から抜けてしまいます。長湯温泉は炭酸泉ですから、見栄えよりも泉質を大切に考え、浴槽の底から給湯する方式としました。

また、源泉かけ流しの排水は浴槽の縁からオーバーフローさせるのが一般的ですが、その方式だと浴槽の水面近くにある温度が高くて新鮮な湯から排水してしまうことになり、底の方には温度の下がった古い湯がいつまでも滞留することになります。この対策として、浴槽の底に排水口を設けて排水パイプを水面の高さまで延長し、そこからオーバーフロー排水できるようにしました。

この方法だと非加熱でも源泉温度を維持しやすく、お湯の鮮度も良好に保てる効果があるだけでなく、浴槽の底の方にある汚れも排出できます。お湯の汚れには①湯の表面に浮く汚れ、②湯に浮遊する汚れ、③底に沈む汚れ、そして④湯の中に溶け込む汚れがあります。一般的な浴槽の縁からのオーバーフロー方式だと、①湯の表面に浮く汚ればかりを排水していて、それ以外の②③④の汚れがなかなか排出できないのですが、底入れ底出し方式を併用すれば、すべての汚れを排出することが可能となるのです。sokoiresokodashi

 
細かい話になりましたが、このように源泉の良さや個性を活かし最適な状態で提供しようと思えば、個別の条件に合わせたさまざまな工夫が出てくるのです。その工夫が源泉の個性と組み合わさって、世界にふたつとない温泉ができあがるのではないでしょうか。

結果として、必ずしも大きな温泉浴槽が何種類もできるとは限らないでしょう。それでいいのです。

井水や水道水を沸かした浴槽があっても、「温熱作用」「水圧作用」「浮力作用」は得られます。塩や重曹をはじめ、何かを入れればその成分による「薬理効果」は得られますし、環境づくりを工夫すれば「転地効果」も得られます。そこに温泉の個性と工夫が加わることで素晴らしい温泉施設となっていくのです。

さらに言うと、温泉の価値を入浴だけでなく「飲泉」や「温泉料理」「温泉化粧水」などに可能性を拡げて答えを求めることになるかも知れません。

以前ドイツのBaden-Badenに行った時、街中の随所に飲泉所が設けられているのを見ました。日本と比べて、源泉をそのまま飲んで体内に取り入れることの価値を重視していることが分かります。

飲泉なら湯量や温度が乏しくても、加水や濾過循環、塩素殺菌などせずに新鮮な源泉が提供可能なのですから、もっと深く研究されてたくさんの飲泉場が登場するようになって欲しいと思っています。

insen1

insen2

■温泉事業に携わる方にお願いしたいこと

 繰り返しになりますが、温泉はそのひとつひとつが素晴らしい個性をもっている地球の恵みです。

世界にたったひとつの源泉は、言わば自分の子供と一緒なのです。

その個性と謙虚に向き合い、情熱をかけて大切にじっくりと育ててください。きっと世のため人のために役立つ素晴らしい価値を発揮するようになります。

源泉を所有しているということは、それだけで素晴らしいことなのです。


■「純化」の一例、全量入れ替え方式

「源泉はひとつひとつが異なる個性を持ってますから、湧出地の周辺環境も含めて、単純な判断基準で優劣を決めることはでませんし、同じ扱い(施設計画や設備設計)をできるはずがありません。その温泉がもっとも良い状態で最大限に魅力を発揮していることこそが大切だと思うのです。」
と書きました。今回はこれにまつわる事例をひとつ書きたいと思います。

開業以前からのお付き合いで、首都圏でも人気の日帰り温泉「おがわ温泉花和楽の湯」では、オープンから12年が経過しました。

当初から温泉の質にこだわっていた新田社長の意向で、様々な滅菌方法を検討したり保健所との相談を経て、すべてを濾過循環方式にするのではなく吐水口からは常に新しい源泉を投入する方式を採用しました。

稀少なpH10.1の泉質を少しでもよい状態で楽しんでいただくための工夫でした。

それから12年の月日が経ち、首都圏にも魅力的な日帰り温泉施設が次々とつくられ、天然温泉に対する利用者の評価基準も以前とは変わってきました。

木造で素朴な田舎風の情緒が魅力のおがわ温泉花和楽の湯ですが、さすがに老朽化箇所が目に付くようにもなり、リニューアルすべき時期になってきました。

どのようなリニューアルをすべきかという議論になり、本格的な源泉かけ流しの導入も考えましたが、おがわ温泉花和楽の湯の源泉湧出量は毎分70L=毎時4.2tですから、残念ながら大きな浴槽(×男女)を毎時1ターン以上のペースでじゃんじゃんかけ流しできるほどには湯量がありません。

大浴槽を諦めて小さな源泉かけ流し浴槽を持つことも考えましたが、そのような施設なら全国に多々ありますし、繁忙日には千人を超える利用客がある花和楽の湯で小さな源泉かけ流し浴槽をひとつ作ってもアンバランスです。

議論が煮詰まってきたときに、ふと以前仕事帰りに飲んでいるときに思いついてアイデアを温めていた「全量入れ替え方式」の話をしてみました。

全量入れ替え方式とは、浴槽のお湯をいったん全部捨て、新湯と完全に入れ替えてしまうことです。投入する新湯の量が同じでも源泉かけ流し方式より効率が良いため、少ない湯量でも新鮮で清潔な源泉を楽しんでいただくことができます。
全量入れ替え式概念図
問題点は、入れ替えを行っている最中にはその浴槽を利用できないということと、そのような設備の事例がほどんどないためノウハウの蓄積がなく試行錯誤になることです。
実際、これまで何人かの人にはこの話をしてみたのですが、ピンと来ないようでした。

しかし、12年前にも数々の困難や暗中模索の中で花和楽の湯を開業させた新田社長、決断が早いのはさすがです。すぐに全量入れ替え方式をやろう!ということになりました。
これも、温泉の純化のひとつの形だと思います。

そして現在、おがわ温泉花和楽の湯は休館し、2015年10月下旬のリニューアルオープンに向けて改装工事がはじまっています。

あの微硫黄臭がする高アルカリのツルツル源泉に入れるようになるのかと思うと、今から楽しみです。

1e

アクトパス Facebook

アクトパス Twitter

アクトパス 社長Blog

温泉・温浴コンサルタントブログ【一番風呂日記】

『温浴事業の発展 = 温活の普及が人類を幸福にする!』 と信じる男の仕事日記。 株式会社アクトパス(業務用通販サイト:浴場市場) 代表取締役 温浴ビジネスプロデューサー 望月 義尚 東京都中央区銀座3-11-5 第2中山ビル7階 TEL:03-3524-2681 FAX:03-3547-6126
  •  「日本全国ロウリュ事典」では、現在確認されているロウリュサービス実施店舗のリストを掲載しておりますが、この度GoogleMapの機能を使って、地図上にロウリュ実施店舗の分布状況をプロットしてみました。(※日本だけですよ。) ...

  • 今回は、株式会社アクトパスの経営セミナー開催のお知らせです。 ↓詳細はこちらにアクセス! https://goo.gl/FNfNt5 いま、サービス業全体が人手不足に悩まされており、運輸や建設、小売、飲食、介護など様々な業種間...

  •  ヤマトホールディングスが2017年度に1万人規模の人材を新規採用するとのニュースがあったかと思えば、ファミリーマートは2年間で10万人の主婦を採用する目標を掲げたそうです。 ヤマトは「従業員1人当たりの負担を和らげ働きやすい...

Tuesday the 26th. Joomla 2.5 templates.